息子の頃から、どっちかというと毛が濃い方でした。

毛が濃いというよりは、毛の量が多々あるという感じなので、腕や脚などはじっくり見ないと必要ない毛は目立たないです。

ただし、手の甲や指、胸やお腹、背中、おしりなど全てのところの毛が多々あるので一度気にし開始するともうキリがないのです。

普段暮らしで他者の目に付くような手の甲や指、真夏であれば腕や脚等も念入りに毛の処理をしています。

なお、海やプールなどに行くケースには胸、お腹、背中、首の後ろなど全身の毛を処理します。

定期的定期的毛の処理をするのもおっくうですが、必要ない毛が生えているところを見られる事に比べれば、定期的処理する事を選択します。

その上もう一つの歯痒さが、必要ない毛処理を反復する事によって、毛穴が著しくなってきた事です。

毛は何とか処理して無くす事はできますが、毛穴までは自力で消せません。

昔、高校に通っていた頃、仲間に「手の甲にそんなに毛穴あるの?!」と言われてショックを受けました。

仲間に悪気がないのは分かっていたのですが、悪気がないからこそ、他者からそう思われているのだな…と傷つきました。

年を重ねるにつれ、肌を見せる機会は減ってきましたが、温泉に行くのが好きなので、現在でも温泉に行く前には必要ない毛の処理に追われています。

その上、気恥ずかしい話ですが、Vラインも毛が生えている範囲が広いので、素敵下着をはこうとするとはみ出してしまう事があり、かなり悩んでいます。

どうせならの事自らが男だったらここまで必要ない毛を気にせずにいられるのにな…と毎日思ってしまいます。

ムダ毛処理をする女性

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です